便利な雑貨はデザインにもこだわりたい!お気に入りの厳選4品をご紹介【温度計】

今回は私が実際に使っており、お気に入りの雑貨を紹介します。

イツキ
テーマは「画期的」であること。

毎日何気なく利用する道具も、少しデザインや機能性にこだわるとテンションが上がって、使う機会が増えると思います。

目にする度に気分が少し良くなるのは、誰しも経験があることでしょう。

それに部屋に常備しているなら、その雑貨もインテリアを構成する「大事なパーツ」になります。

そのため、ここの気を抜くとあっという間に統一感のない部屋になってしまいます。

そんな「重要で便利な」雑貨を厳選3種類ご紹介します。

機能としては被るものがあるので、計4品です。

インテリアの名脇役「雑貨」の厳選3品をご紹介【閉じ込められた魅力】

2019.04.28

温湿度計

BARIGO(バリゴ)温湿気圧計

BARIGO(バリゴ)温湿気圧計
BARIGO(バリゴ)温湿気圧計

バリゴ社は、1926年気象計を生産する会社としてドイツに誕生しました。
以来、半世紀以上、創業当時のスタイルを守り続け、そのデザイン性に優れた製品は機能性の高いシンプルなインテリアとしても広く愛用されています。
ドイツが誇る確かな品質と美しいデザインは、今でも多くの人たちから信頼を得ています。
精巧に作られた機械仕掛けの温湿度計は、傍に置いてついつい見入ってしまいます。
まるでオブジェのような美しい温湿度計です。 自分のいる環境を知ることが、環境のことを考える第一歩になるかもしれません。

出典:BARIGO/温湿気圧計 BG3031|designshop

画像の通り、金属製の本体がアクリルのドームで覆われている「温湿気圧計」。

上から順番に「気圧計」「温度計」「湿度計」となっており、それぞれ現在の状態を針で示します。

ドラマ「ガリレオ」で福山雅治さん演じる湯川先生のデスクの上で使われており、一時期話題となりました。

私はこの情報を後から知って、ドラマを見て驚いたのを今でも覚えています。

「実に面白い」

「天才物理学者」が愛用するイメージにも使用されるくらい、洗練されたデザインは素晴らしく、もちろん機能としても文句なし。

私は湿度が下がるとすぐ喉が痛くなるので、加湿器を常用しています。

しかし加湿器の示す数字って大雑把で適当なことが多いため、この「BARIGO温湿気圧計」と乖離していることがあります。(大体加湿器の数字のほうが大きい)

そんな時は「BARIGO温湿気圧計」を信じ、数字が低すぎる場合は加湿器を複数台可動して補っています。

温度計はエアコンをつける際に毎日参考にしますが、気圧計は正直あまり使わないかもしれません。

イツキ
台風が来た時に「気圧低いな!」と思うくらい笑。

多機能でデザインも優れている温度計はあまりないので、「BARIGO温湿気圧計」オススメです。

イツキ
本体、土台共にいくつかのバリエーションがあるので、お好みのものを選んではいかがでしょうか。

エンペックス気象計 温度湿度計 スーパーEX EX-2728

エンペックス気象計 温度湿度計 スーパーEX EX-2728
エンペックス気象計 温度湿度計 スーパーEX EX-2728

●長年培ってきた精密センサー技術と厳しい品質保証システムにより実現した高精度・高品位の「スーパーEXセンサ」を採用した壁掛けタイプの温度湿度計。
●温度・湿度表示のみの文字盤は読み取りやすいツートンカラー。
●材質には、衝撃に強いポリスチレン樹脂を使用。
●コンピュータールームや病院・美術館など精度の高い環境管理が必要な場所でも活躍。
●文字盤にはらせん状の美しいスピン仕上げを施し、インテリア性も高い仕上がりになっています。
●メタリックグレーとシャンパンゴールドの2色からお選びいただけます。

出典:Amazon.co.jp : エンペックス気象計 温度湿度計 スーパーEX 温湿度計 壁掛け用 日本製 シャンパンゴールド EX-2728 : ホーム&キッチン

引用にもある通り、この温湿度計は壁掛けタイプです。

販売元の「エンペックス気象計株式会社」は「家庭用温度計、湿度計、気圧計専門メーカー」です。

そのため数々の他にも様々な製品がありますが、私はこの「EX-2728」のデザインが1番好きです。

画像の通り、我が家の1室は一部の壁紙を「レンガ柄」にしており、そこにこの温湿度計をかけているのですが、「シャンパンゴールド」はそことの相性がとても良い。

イツキ
ちょっと高級そうにも見えますよね。

お値段は3,000円以下と非常にリーズナブルで、その上性能も抜群に良い。

この製品を持って部屋から別の部屋に移動すると、即座に反応してくれます。

私も壁掛けできる温湿度計をいろいろと探したのですが、やはりどうしても小学校などで使われるような事務的なデザインのものが多く、この製品を見つけることが出来て本当に嬉しかったのを覚えています。

イツキ
ちょっとオシャレで高性能な壁掛け温湿度計を探している方には、オススメの1品です。

Fargo ベージュウッド TAPKING USB

Fargo ベージュウッド TAPKING USB
Fargo ベージュウッド TAPKING USB

おしゃれで美しい木目調デザインは、お客様が手にとった瞬間にはじめて質感を感じることができます。1つ1つ丁寧に作り込み自信を持ってご提供するファーゴ商品を、きっとご満足いただけるはずです。コードの長さは使い勝手が良い1.8m。コードの色は茶色。

出典:Amazon | Fargo インテリア 木目調 電源タップ TAPKING USB 雷サージガード ベージュウッド AC6個口 3.4A USB2ポート PT601BEWD | Fargo(ファーゴ) | 電源タップ 通販

画像のとおり、この電源タップは本体全体が木目調になっています。

普通の電源タップは事務的なデザインのものが多く、インテリアを構成する上では、できれば「隠しておきたい」アイテムです。

ですがこの製品は木目調になっているため、表に出していても全く違和感がありません

また差込口自体が一つ一つ回転する作りになっています。

そのため複数のコンセントを刺した場合でも、お互いが干渉してぶつかることを避けられるため、無駄が少ないのが特徴です。

従来の電源タップの概念を覆した画期的な商品であると言って良いでしょう。

スマホを始めとするUSB充電にも対応している点もポイントが高い。

私も最初、物は試しということで購入したのですが、あまりにも使い勝手が良いので追加購入し、今では計2台を常用しています。

電源タップにそんなにお金かけられないよ、という方もいるかと思いますが本来隠したいものを堂々と出せる、という楽さは意外にも効果が大きいですよ。

イツキ
騙されたと思って一度試してみて欲しい商品です。

KAKUKAKU カクカク シカ

KAKUKAKU カクカク シカ
KAKUKAKU カクカク シカ

カクカクとちょっと変わった形が特徴の”組み立てるインテリア KAKUKAKU(カクカク)”
既にレーザーカッターで精巧な切抜きと折目をつけた状態になっていて、のりしろの幅に合わせた両面テープも付属しているため、カッターナイフまたははさみのみ用意すればすぐに組み立て始められます。そして、画鋲1つあれば壁に飾ることができるのも特徴です。

出典:kakukaku 組み立てるインテリア ペーパークラフト 壁飾り 紙 鹿 シカ 北欧 ハンティングトロフィー 2Lサイズ 引っ越し祝い プレゼント ホワイトデー あす楽 夏休み 工作キット 自由研究 夏休み工作 | rality

いわゆる「アニマルヘッド」というやつは、お屋敷のイメージだったり、お金持ちのイメージだったり、人によっては「残酷」と思われる方もいるのではないでしょうか。

私もインテリアとしては「ナシ派」でした。

偏見ながら、あまり趣味が良いものではないと感じていたのが正直なところ。

しかしこの商品は、それらのイメージを払拭した画期的なインテリア。

紙で出来ており、自分で組み立てる必要があります。

シンプルで癖のないデザインなので「アニマルヘッド」特有のリアル感はありませんし、紹介している「鹿」以外にも複数の動物の種類があるので、好きなものを探すのも面白そうです。

私は画像の通り、鹿の「2L」サイズを作ってみました。

型紙から切り離し、折り目をつけながら両面テープでひたすら貼り付けていくという工程になるのですが、これが思ったよりも大変。

育児の合間をぬって夜な夜な作業に没頭していたのですが、2晩くらいかかりました。

時間にして6時間くらい。

私は元々あまり器用な方ではありませんし、作るのも当然初めてだったということもありますが、器用な方が慣れてしまえば、もっと早く作れるだろうとは思います。

妻や娘にも好評ですし、部屋の一角が可愛らしい雰囲気でワンポイントになります。

イツキ
特にお子さんがいるご家庭にはオススメの1品です。

壁をデコレーションしてお気に入りの空間を作ろう!アイテムや方法を5種類紹介します【絵画】

2019.06.24

便利な雑貨はデザインにもこだわろう!

いかがでしたでしょうか。

以上が「画期的」をテーマにした私のお気に入り厳選4品です。

どれも1つ1つはそれほど大きいものではありません。

ですがこういうものの積み重ねで、部屋の雰囲気というのは大きく左右されますので日常使いする物のデザインを少しこだわってみたい、という方はぜひ参考にしてみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

イツキ

趣味はインテリア(雑誌を見たり雑貨、家具を買ったり)、映画鑑賞、 バラエティ鑑賞(主に恋リア)、酒、投資の勉強、ゲーム、旅行、等々 限りなくインドア派のため、前述の通りインテリアや最新ガジェットが好きなのもあり 自宅がどうすれば過ごしやすくなるか日々考えてばかりいます。 詳しいプロフィールはこちら