【男二人旅】2泊3日 岡山-広島を横断!絶景とグルメを堪能しよう 1日目

私には仲の良い弟がいるのですが、「男二人旅」と称してよく旅行に行きます。

今回は山陽、「岡山県から広島県」の横断旅行に行った際の観光スポットやオススメグルメを中心に紹介していきたいと思います。

前回の金沢旅行の記事はこちら!

【男二人旅】2泊3日 金沢を制覇!海鮮を食べ尽くせ 1日目

2019.05.08

今回の旅の行程

旅の行程1日目

尾道

まずは岡山県「尾道」の絶景。

天気にも恵まれ、最高の景色を楽しむことが出来ました。

尾道ラーメン たに 駅ビル店

尾道ラーメン
尾道ラーメン たに 駅ビル店
ジャンル:ラーメン
予約・お問い合わせ:0848-23-7800
住所:広島県尾道市東御所町1-7 尾道駅ビル 1F
交通手段:JR尾道駅構内
営業時間:11:00~21:00 (LO20:50)
定休日:木曜日・第4金曜日

尾道の絶景を楽しんだ後の1日目の昼食は「尾道ラーメン」。

「尾道ラーメン」の特徴は濃い醤油色のスープと、豚の背脂

熱々のラーメンは非常に美味でした。

このお店は尾道駅構内にあるので、アクセスしやすく便利です。

お会計は2人で「1,360円」でした。


倉敷

続いては岡山県と言ったらこの観光スポット、風情溢れる街「倉敷」。

私も弟も子供の頃家族旅行で来たことがあるのですが、今までおぼろげだった記憶が蘇り、どこか懐かしい気持ちになりました

多数のお土産屋さんや、備前焼を売っているお店があるのでそこを覗いてみるのも楽しいと思います。

私も備前焼のぐい呑を買いました。
買ったものは最後に紹介します。

浜吉

浜吉 (はまよし)
ジャンル:魚介料理・海鮮料理、割烹・小料理、郷土料理(その他)
予約・お問い合わせ:050-5868-7144
住所:岡山県倉敷市阿知2-19-30
交通手段:JR倉敷駅より徒歩7分、大原美術館より徒歩5分。
営業時間:平日11時30分~14時、17時~23時 日曜11時30分~14時、17時~22時
定休日:毎週月曜日

ままかり寿司
ままかり寿司

1日目の夕飯、1軒目は「浜吉」です。

ままかり寿司は、ニシン科の魚である「ままかり」の開きを酢漬けにして、にぎり寿司にした郷土料理です。

主に瀬戸内海沿岸で食べられているため、岡山に来たら是非とも食べておきたい。

酢漬けなので、当然酸味が強いのですがさっぱりとしていて食べやすい。

しめ鯖に近い感じです。

白子ポン酢
白子ポン酢

白子ポン酢、最高です。

酒飲みである私も弟も大好物。

居酒屋にあったら絶対頼んじゃうメニューの1つですね。

たいらぎ貝柱の塩焼き
たいらぎ貝柱の塩焼き

たいらぎ貝」というのはあまり馴染みのない貝ですが、二枚貝の一種だそうです。

貝柱がすごく大きいことが特徴ですね。

味はまさにおつまみにもってこい

お酒が進みます。

刺身盛り合わせ
刺身盛り合わせ

目の前が瀬戸内海ということで、海鮮が旨い!

車海老の塩焼き
車海老の塩焼き

車海老の塩焼き、まず見た目がいいですよね。

すごく華やか。

もちろん味も最高です。

というか東京で車海老食べることってあまりないので、貴重な経験でした。

おこぜの唐揚げ
おこぜの唐揚げ

おこぜの唐揚げ」と書きましたが、ちょっと自信ないです、ごめんなさい。

でも白身魚の唐揚げなのは間違いないと思います。

熱々ふわふわで最高でした!

お会計は2人で「14,000円」です。

かしわ屋 コバヤシ

かしわ屋コバヤシ
情緒ある店構え
かしわ屋 コバヤシ (Kobayashi)
ジャンル:焼鳥、鳥料理
予約・お問い合わせ:086-421-4113
住所:岡山県倉敷市阿知2-19-30
交通手段:JR倉敷駅から一番街アーケードを徒歩南へ5分ほど
営業時間:18:00~24:00(ネタが終わり次第終了)
定休日:日曜日+不定休

焼き鳥

焼き鳥を中心に数々の料理を堪能しました。

2軒目ということであまり量は食べられませんでしたが、非常に満足です。

お会計は2人で「7,350円」でした。

夜の倉敷

夜の倉敷
夜の倉敷
夜の倉敷
夜の倉敷

1日目の締めくくりは「夜の倉敷」を散策。

酔っ払った頭を冷ますのには、贅沢すぎるくらい美しい街並み。

灯りが主に間接照明で、いいムードが漂っています。


【男二人旅】2泊3日 岡山-広島を横断!絶景とグルメを堪能しよう 2日目

【男二人旅】2泊3日 岡山-広島を横断!絶景とグルメを堪能しよう 2日目は以下の記事です!

【男二人旅】2泊3日 岡山-広島を横断!絶景とグルメを堪能しよう 2日目

2019.05.27

ABOUTこの記事をかいた人

イツキ

趣味はインテリア(雑誌を見たり雑貨、家具を買ったり)、映画鑑賞、 バラエティ鑑賞(主に恋リア)、酒、投資の勉強、ゲーム、旅行、等々 限りなくインドア派のため、前述の通りインテリアや最新ガジェットが好きなのもあり 自宅がどうすれば過ごしやすくなるか日々考えてばかりいます。 詳しいプロフィールはこちら