ビリビリ痺れるカップラーメンは大好物!DAIKOKU うま辛 「麻辣麺 大盛り&麻辣まぜそば」レビューします

今回はスーパーでたまたま見つけた興味深いカップラーメンのレビューをしたいと思います。

それがこちら!

なお、各種類について「辛さ」「痺れ」「コク」「香り」「満足感」の5つの観点で評価していますが、あくまで私個人の感想となります。出典は画像のみを指しており、観点や得点に関しては販売元の「大黒食品工業株式会社」とは何の関係もありませんので、予めその旨ご注意ください。

DAIKOKU うま辛 麻辣麺 大盛り

出典:大黒食品工業株式会社
DAIKOKU うま辛 麻辣麺 大盛り
「麻辣(マーラー)味」で仕上げたビリビリしびれる辛口ラーメン
メーカーコード:00314
商品JAN:4904511003146
ITFコード:14904511003143
ボールサイズ:300×450×195mm
ケースJANコード:4904511603148
賞味期限:6ヶ月
内容量:121g(めん85g)
パッケージ重量:138g
パッケージサイズ:145φ×93mm
1ボール重量:1950g
希望小売価格:190円(税抜)

「希望小売価格」は190円とのことですが、私は108円で購入しましたのでご参考まで。

実食

DAIKOKU うま辛 麻辣麺 大盛り
DAIKOKU うま辛 麻辣麺 大盛り

私、カップラーメンは普段あまり食べることがないのですが、実は辛いものが大好物でして、特に山椒の辛さというのが大好きなのです。

これは以前旅行で訪れた広島で食べた「汁無し坦々麺」で衝撃を受けて以来、その味の虜となっているのですが、あの感動に近いものが食べられるのではないかと期待して、このカップラーメンを買ってみたという次第です。

【男二人旅】2泊3日 岡山-広島を横断!絶景とグルメを堪能しよう 2日目

2019.05.27

それでは、早速実食

当然ながら熱く、それに伴って辛い!

パッケージで「びりびり!!しびれる辛さ」と煽っているだけありますね。

辛さというのは食べるごとに蓄積されていきますので、顔や首から汗が吹き出ますし、唇がどんどんしびれていく感覚です。

ただ辛いのは辛いのですが、山椒的な風味はあまり感じられませんでした

とにかく唐辛子で辛い、そういうカップラーメンです。

いや、美味しかった。

DAIKOKU うま辛 麻辣麺 大盛り 得点

辛さ「20/20」点
痺れ「5/20」点
コク「10/20」点
香り「5/20」点
満足感「15/20」点

総合得点:「55/100」点

イツキ
ごちそうさまです!

DAIKOKU うま辛 麻辣まぜそば

出典:大黒食品工業株式会社
DAIKOKU うま辛 麻辣まぜそば
「麻辣(マーラー)味」で仕上げたビリビリしびれるまぜそば
メーカーコード:00359
商品JAN:4904511003597
ITFコード:14904511003594
ボールサイズ:369×489×131mm
ケースJANコード:4904511603599
賞味期限:6ヶ月
内容量:100g(めん80g)
パッケージ重量:119g
パッケージサイズ:158×177×60mm
1ボール重量:1750g
希望小売価格:190円(税抜)

こちらも私は108円で購入しています。

実食

DAIKOKU うま辛 麻辣まぜそば
DAIKOKU うま辛 麻辣まぜそば

ソースを絡めると赤く染まる麺が食欲をそそりますね。

こちらも早速実食です!

麻辣麺」に比べてスープがないため、冷めやすいのが特徴です。

そのため熱々というわけではなく、ちょうどいい温度で食べられたためよく味わうことが出来ました。

山椒の味がかなり効いていて旨いです、私好み。

辛味も強いですが、どちらかというと塩味も結構するので水が欲しくなるかもしれません。

風味も良く、「麻辣麺」に比べてだいぶ食べやすい印象でした。

量も大盛りではないため、すぐに完食です。

DAIKOKU うま辛 麻辣まぜそば

辛さ「15/20」点
痺れ「15/20」点
コク「10/20」点
香り「15/20」点
満足感「10/20」点

総合得点:「65/100」点

イツキ
ごちそうさま!

総評

今回は「大黒食品工業株式会社」から発売されている、「DAIKOKU うま辛 麻辣麺 大盛り」「DAIKOKU うま辛 麻辣まぜそば」を食べてみました。

味やその他感想は前に述べたとおりですが、リピートするなら「DAIKOKU うま辛 麻辣まぜそば」かな、という印象です。

DAIKOKU うま辛 麻辣麺 大盛り」は辛さが激しいという特徴はあるもののその他に関しては、他のカップラーメンとあまり違いが感じられませんでした。

期待していた山椒のビリビリをカップラーメンで楽しむことができたので私としては大満足です!

今後も、自宅で食べられる辛いラーメンを探していきたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

イツキ

趣味はインテリア(雑誌を見たり雑貨、家具を買ったり)、映画鑑賞、 バラエティ鑑賞(主に恋リア)、酒、投資の勉強、ゲーム、旅行、等々 限りなくインドア派のため、前述の通りインテリアや最新ガジェットが好きなのもあり 自宅がどうすれば過ごしやすくなるか日々考えてばかりいます。 詳しいプロフィールはこちら