やすともの恋愛島 第1話ネタバレレビュー!強制恋愛と運命を分ける4つの色【ABCテレビ】

いよいよ2019年10月6日から放送が始まったABCテレビ「やすともの恋愛島

今回は初回の第1話ということで、私も放送日を首を長くして待っていました。

「事前レビュー」でも紹介したとおり、以前の1回だけ放送された内容からどれほどの変化や改善を遂げているか、その辺りにも注目しながらレビューしていきたいと思います。

事前レビュー」をまだお読みでない方は、ぜひご一読いただいた後、このレビューをを見てもらえるとより楽しめるかと思います。

それでは早速レビューに参りましょう!

やすともの恋愛島 事前レビュー!8人の美男美女が繰り広げる極限LOVEサバイバル【ABCテレビ】

2019.10.02
なお、このレビューは視聴済み前提の完全ネタバレとなるため未視聴の方、ネタバレを嫌う方はここで読むのを中止することをオススメ致します。

スタジオ

スタジオでは下記の方々がVTRを見てコメントしていきます。

スタジオ出演者
  • 海原やすよ
  • 海原ともこ
  • 高橋ユウ
  • 大倉士門
  • トット

インテリアはアウトドアメーカー「LOGOSが提供しているということもあり、非常に雰囲気たっぷりでオシャレ。

番組のテーマでもある「サバイバル」にも沿っており、ブランドイメージを演出できていて好印象です。

イツキ
スタジオにお金をかけない恋愛バラエティ番組もある中で素晴らしいです(と◯めきト◯ベルとか)。

第1話「無人島 強制恋愛のはじまり」

アイマスクを付け、無人島に連れてこられた8人

参加者同士の顔をまともに見る間もなく、強制恋愛」とそのルールが告げられます。

強制恋愛のルール

毎朝くじ引きをする

くじ引きで決まった2人組のカップルでその日1日生き抜く

くじ引きBOXの中には4色のペンダントが入っている

つまり、4人の異性がいても自由に選ぶことは出来ず、1日くじ引きで決まった相手と過ごさないといけない、ということです。

この縛りを「強制恋愛」と呼んでいるのかと思います。

というわけで、早速1日目のカップルを決めるくじ引きが行われます。

赤カップル

くじ引きで赤いペンダントを引いたのは、以下の男女でした。

赤カップル
  • コウキ(上村昂輝)
  • ゆい(中沢結)

趣味は野球観戦、居酒屋めぐりのゆいはインタビューで以下のように語ります。

「元カレの仕事が忙しくて、サポートしていたがうざかったらしい

「掃除、選択、おつまみ作りなど、『郵便受け取っといて』も全部やっていた」

そんな感じでフラレてしまったらしいです。

続いてはコウキ。

天満でフィットネスジムを経営しているコウキは、美ボディコンテストで全国3位になっています。

インタビューでは

「まったくモテてる感じはない」

「結婚も子供も欲しい」

と答えています。

コウキ「性格どんな感じですか?」

ゆい「キツいと思います」

コウキ「わかりました、もう大丈夫です」

ゆい「どんな(性格)?」

コウキ「天然って感じです」

青カップル

くじ引きで青いペンダントを引いたのは、以下の男女でした。

青カップル
  • 三平(佐藤三平)
  • ゆうか(荒谷柚風)

まずは法政大1年の大学生、三平のインタビューから。

「虫めっちゃ嫌い」

「家にゴキブリ出たら動かせちゃう」

続いては青学4年、同じく大学生のゆうかはミス青山のファイナリストです。

大学に入ってから彼氏ゼロというゆうかのインタビューは以下です。

「サークルで友達とかと大人数で遊びに行くことが多い」

三平「どうしたらいいですか?言葉遣いとか。敬語?タメ語で大丈夫?」

ゆうか「タメ語のほうが。(敬語だと)煩わしくなっちゃいそう」

三平「じゃあタメ語で話します」

三平「…困ったなぁ」

ゆうか「初対面、緊張しちゃう」

三平「グイグイいけたらカッコいいですけどね、無理なんですよね、だから恋愛島にいる笑」

ゆうか「私もだからここにいる」

黄カップル

くじ引きで黄色いペンダントを引いたのは、以下の男女でした。

黄カップル
  • 水木(水木慶紫)
  • 瀬名(瀬名葉月)

グラビアアイドルの瀬名はインタビューでこう答えています。

「テキーラをよく飲みます」

2人で1瓶あけたりとか」

「記憶なくします笑」

続いてはプロゲーマーを目指してるという水木。

「一応俳優、前にちょっと舞台1回出たくらいで」

「そこからはあんまり出てないんで、ほとんどニートと変わらないです」

「お父さんがある程度…実家なんで。金あるからまぁいいかなと思って」

「お父さんは社長やってますね」

スネかじってますね」

瀬名「ゲーマーってすごいですね」

水木「プロになりたくて」

瀬名「何歳ですか」

水木「今年21歳です」

瀬名「え!若くないですか」

緑カップル

くじ引きでのペンダントを引いたのは、以下の男女でした。

緑カップル
  • コウキチ
  • まいこ(久米舞子)

まずは18歳の女子高生まいこのインタビュー。

「年齢とかあんまり気にしないんですけど」

中身が男らしくて大人っぽくて包容力がある人がいい」

&ゴンザレス」というコンビで活動している芸人コウキチのインタビューはありませんでした。

コウキチ「サバイバルはイケる気がしている」

まいこ「キャンプとかしたことありますか?」

コウキチ海で潜って魚獲ったりしてた、魚とかいけます?」

まいこ「触ったこととかないんですよ」

コウキチ「絶対無理やん、カエルいけます?カエル無理なんでカエルのときだけお願いします」

もう1つの重要なルール

一通り1日目のカップルが決まったところで、もう1つの重要なルールが発表されます。

もう1つの重要なルール

毎朝、無人島を生き抜くためのアイテムが支給される

ペンダントの色と同じ色のBOXの中に入っているものを使うこと

以下のものは全員共通で支給される

  • ブルーシート
  • ナイフ
  • マッチ

1日目、各カップルに支給されたものはそれぞれ以下の通りでした。

黄色
  • スコップ
  • 乾麺
  • 釣りセット
  • お米
  • とうもろこし粉
  • 高枝切りバサミ
  • モリ突きセット
  • 小麦粉

「やすともの恋愛島」第1話レビューの総評

以上が「やすともの恋愛島」第1話のレビューとなります。

ここからは第1話を見た私の感想を述べていきます。

今回は初回、ということで具体的な恋愛模様などはなく出演者の紹介、及び基本ルールの発表で終わりました。

ルールについては、過去に放送された回に比べかなり考えられていると感じています。

毎朝最低限の決まった物資(食料など)の支給は命の保障、というところも担保する意味合いがありますし、各カップルが創意工夫できる余地があると思います。

共通支給される「ブルーシート」「ナイフ」「マッチ」はサバイバルの三種の神器ですね。

もっとガチの場合だと、刃物は石を加工するとか、火起こしも自分たちでするとかになると思うのですが、さすがに3泊4日だと時間が足りない

イツキ
事前レビューでは1週間は欲しい、と述べていますので3泊4日は少し短い印象です。

あんまりサバイバルにガチになりすぎて、恋愛面に注力できないのであれば本末転倒になってしまうので、その辺りを考慮された上での設定ということになるでしょう。

そして今回肝になるルール「強制恋愛」。

4日間毎朝くじ引きをするということは、運が良ければ毎日違う相手とカップルになれるチャンスがあります。

逆に言えば、偏ってずっと同じ人が相手になる可能性もある。

1/4の確率の問題がどう出るか、ということですね。

ただ、いくらランダムとは言え、3連続同じ相手となってしまっては面白くない部分も出てくると思うので、こっそりと番組側が調整を入れるかもしれません。

このルールに関しては、今後を見てみないとなんとも言えないところ。

仮に1日目にカップルになった相手をすごくいいなと思っても、その後まったくカップルになれなかった場合、すなわち接点がないということですから告白時どうなるのか想像がつきません。

ただ、現時点ではカップルになった相手以外と接点を持ってはいけないのか最終日の告白はどのような形式で行われるのか等、詳しいことはわかりませんのでやはり今後の展開次第ですね。

各人物についてはほぼ「事前レビュー」で紹介したとおりでした。

今回の軽いやり取りを見る限り、恋愛面に関してなんらかの問題を抱えた人達なのかな、という印象だったので様々なハプニングが勃発することを期待しています。

以上が第1話を見た私の感想となります。

いよいよ始まった「恋愛サバイバル」、今後の展開が非常に楽しみですね。

それではまた次回、第2話のレビューでお会いしましょう!

TVer」をテレビの大画面で見るには「Fire TV Stick」が便利です!

やすともの恋愛島 第2話ネタバレレビュー!釣り竿の先端に餌をつける男【ABCテレビ】

2019.10.15

恋愛バラエティ番組 全レビュー記事まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

イツキ

趣味はインテリア(雑誌を見たり雑貨、家具を買ったり)、映画鑑賞、 バラエティ鑑賞(主に恋リア)、酒、投資の勉強、ゲーム、旅行、等々 限りなくインドア派のため、前述の通りインテリアや最新ガジェットが好きなのもあり 自宅がどうすれば過ごしやすくなるか日々考えてばかりいます。 詳しいプロフィールはこちら