やすともの恋愛島 第2話ネタバレレビュー!釣り竿の先端に餌をつける男【ABCテレビ】

今週もABCテレビで放送されました「やすともの恋愛島」第2話

前回は初回ということで参加メンバーの紹介や番組の基本ルールの発表がありました。

今回からいよいよ本編が始まり、サバイバルや恋愛面での展開が期待できます。

そしてどのように進行していくのか、番組の構成などといったところもわかる部分が多いので楽しみです。

それでは早速レビューに参ります!

やすともの恋愛島 第1話ネタバレレビュー!強制恋愛と運命を分ける4つの色【ABCテレビ】

2019.10.07
なお、このレビューは視聴済み前提の完全ネタバレとなるため未視聴の方、ネタバレを嫌う方はここで読むのを中止することをオススメ致します。

緑カップル「まいこ×コウキチ」

前回のくじで決まったカップル「まいこ×コウキチ」。

1日目の支給品は以下になります。

1日目緑カップルの支給品
  • とうもろこし粉
  • 高枝切りバサミ
  • ブルーシート(共通)
  • ナイフ(共通)
  • マッチ(共通)

まずはまいこのオーディション時のインタビューの様子。

「(寝る場所は)ホテルっていうか室内だったらいいなとは思います」

「(普段男性と)あんまり知り合えないので、この機会にいろんな男性と出会えたらいいなと思います)

そして1日目の相手がまいこだと決まった後のコウキチへのインタビュー。

スタッフ「彼女(まいこ)の印象はどうですか?」

「可愛らしいですね」

「ただいかんせん10個下、高校生なのが…」

スタッフ「見た目だけで本当はどの子がタイプ?」

「顔だけやったら今日の子(まいこ)が可愛らしいなと思ってたんですけど、第一印象はですね」

「サバイバルカッコ良くこなしてたら絶対好印象やと思うんで」

サバイバルでしっかりリードできたらいいなと思いますね」

続いてまいこへのインタビュー。

「(コウキチは)あんまり私のタイプではないです」

「三平、いいなって思いました」

「見た目です、顔も服装も」

Tシャツにデニムとかそういう服装でいてくれる人がいいな」

その後、2人は岩場でカニをGETします。

作業中、カップル「ゆうか×三平」が釣り竿のやり方を教わりに来た際、コウキチに「枝折っといて」と言われ、不機嫌そうな顔で枝を折り続けるまいこの様子が印象的でした。

1日目緑カップル「まいこ×コウキチ」を見た感想

というわけで、1日目のカップル「まいこ×コウキチ」の様子でした。

正直ほとんど進展はなかった印象です。

コウキチは自称している通り、サバイバルが得意というのは間違いなさそうですね。

まいことの関係ですが、やはり10歳差というのはどうにもならなさそう

今後もサバイバルの上では協力しあうけども、恋愛的にどうこうしたいというわけではなさそうなので、やすともさんの言うように残念ながら「1日目は捨てていただいて」となるかと思います。

コウキチは年齢と見た目のギャップから「おじさん」扱いされていますが、ちょっと今回は相手が悪かったとしか言いようがありません。

2日目以降はもう少し近い年齢の方と一緒になれるといいですね。

イツキ
それは最年少18歳高校生のまいこもまた然りです。

青カップル「ゆうか×三平」

今回2組目のカップルは「ゆうか×三平」。

カップルの1日目の支給品は以下になります。

1日目青カップルの支給品
  • 釣りセット
  • お米
  • ブルーシート(共通)
  • ナイフ(共通)
  • マッチ(共通)

支給品のBOXの前で相談する2人。

まずは今晩2人で寝る場所を探します。

岩場を見つけ、そこに支給品のブルーシートを敷くことに。

とりあえず家が完成し、海岸に流れ着いたものである「錆びた鍋」もGETします。

ここでゆうかへのインタビューが差し込まれます。

スタッフ「本音の第一印象は?」

「めちゃくちゃ爽やか、めっちゃカッコいいなと思いました」

スタッフ「タイプ?」

「そうですね」

「人見知りしちゃうのでグイグイこられると引いちゃうことがあるから、ちょうどいい距離感

続いては三平へのインタビュー。

「第一印象はゆうかさんいいなと思ってました」

スタッフ「しゃべってみてどうでした?」

「もっと元気な人なんだろうなと思います」

「自分が硬くさしちゃってるのかな」

本当の素を見られたらいいなと思ってます」

第一印象では相思相愛の2人。

支給されたのが釣りセット、ということでそのアドバンテージを活かし岩場へ釣りに向かいます。

ただ、これまで釣りをしたことがない三平。

仕掛けに手間取り、30分かけてもセットできない様子。

そこで「サバイバルが得意」と言っていた緑カップルのコウキチに聞きに行こうと提案します。

コウキチは二つ返事でOKし、三平たちの釣り竿をセットします。

コウキチのおかげでなんとか釣りの準備が整い、改めて岩場で釣りを始める三平とゆうか。

三平「最近で付き合ったのはいつだったんですか?」

ゆうか「大学がいないから高校まで遡らないといない」

三平「長いんですね」

ゆうか「そうなんですよ。いつ?」

三平「僕1年前くらいですかね」

ゆうか「じゃあ高3?どんぐらい付き合ってたの?」

三平「めっちゃ短いんですよ」

ゆうか「どんぐらい?」

三平1~2ヶ月

ゆうか「1~2ヶ月!?短いね」

三平「今ビックリしましたね笑」

ゆうか「じゃあどういう子がタイプなの?」

三平「ギャル系とかあるじゃないですか、あんま得意じゃないんですよね。キレイ清楚っていうか落ち着いてる人が好きですかね」

三平「俺これ参加する時に1番気にしてたのが年下アリなのかなって」

ゆうか「ははは、あー」

三平「どうですか?女性って年下ってアリですか?」

ゆうか「全然何も気にしたことない」

三平「本当ですか?」

ゆうか「全然敬語とれないけど笑」

三平「質問しようか悩んだから敬語にしたんです。タメ語かぁ、タメ語がんばってみよ。どっちがいいですか?」

ゆうか「年下のタメ語って何か逆にいいかもしれない」

三平「本当?ですか?」

ゆうか「いいんだよ今ので」

1日目青カップル「ゆうか×三平」を見た感想

というわけで、1日目のカップル「ゆうか×三平」の様子でした。

こちらは先ほどの緑カップルに比べて、具体的な会話シーンもあり見ごたえがありました。

第一印象では相思相愛ということで、恋愛が始まってもおかしくない2人。

会話の内容もそれを意識した質問が繰り広げられていました。

しかしいくら釣りをしたことがない、とは言え三平の知らなさ加減には少し驚きましたね。

MC陣のトークで発覚しましたが、釣り糸も通さず、釣り竿の先端に餌を付けていたようです。

リアルに体験したことがなくても、TV、ゲーム、漫画、その他いろんなコンテンツで釣りとはどのようなものか、なんとなく見たことがないものですかね

MCの方々は「若いから~」「東京だから~」なんてフォローをしていましたが、それにしてもちょっと酷いと思います笑。

まぁそれを横で見ていて指摘できなかったゆうかにも同じことが言えるんですけどね。

イツキ
釣り竿の先端に餌を付けた時点で「えっ…やば!」となるのが普通だと思うのですが…。

しかしそんな不器用な三平。

どうやら女性にはかなり慣れている様子で。

私がそう確信したのは釣りの最中のゆうかとの会話の中。

ゆうかに「どういう子がタイプなの?」と聞かれ、その返答で「ギャル系とかあるじゃないですか、あんま得意じゃないんですよね」と返していたところ。

その後、「キレイ清楚系が好き」と答えていましたが、「ギャル系が嫌い」なんて答える必要がないじゃないですか。

これってつまり、相手であるゆうかと真逆のタイプを苦手と言うことで、「だからそうではないあなたを意識していますよ」というアピールだと思うのです。

その後の「年下ってアリですか?」という質問では当然「俺ってあなたの恋愛対象になりますか?」という確認と存在のアピールですよね。

この短時間で相手への好意のアピールと、自分の存在を意識させるテクニック、なかなかのやり手だと見受けられます。

今後の三平の恋愛テクに注目ですね。


「やすともの恋愛島」第2話レビューの総評

以上が「やすともの恋愛島」第2話のレビューになります。

本編が始まったということで、放送時間が短めということもありサクッと面白く視聴させていただきました。

ここからは今回見た上で少し気になったことなんかを述べていきます。

まず気になったのが、MC陣のトークの差し込み方

他の恋愛バラエティ番組では、基本的にVTRがあってその後にMCトークタイム、また本編VTR、という形で構成され進行していきます。

それに比べて「やすともの恋愛島」では、本編VTR中に高頻度でMCのトークが差し込まれるというスタイルになっています。

その時々、出演者の言動にツッコミが入るのは痛快ですし、内容も面白いのですが若干本編のテンポを悪くしている感じが否めません。

先ほども述べたように放送時間が短めというのもあり、MCのトークが頻繁に差し込まれると、参加者がサバイバルや恋愛する様子のVTRが必然的に減ってきます

この番組はそういう番組なんだ、と言われたらそうなのかもしれませんが、1視聴者としてはMCのトークをもう少し減らすかまとめていただいて、VTRを長く見たいなと感じています。

あとはサバイバル期間の長さについて。

「事前レビュー」の時点では1週間くらい欲しいと述べており、実際には3泊4日でした。

正直少し物足りないとは思っていましたが、今回の放送を見て感覚が変わりました

この速度で進行していったらおそらく1週間は長すぎますね。

4カップル8人の人物像の掘り下げまで行うような今のスタイルだと、かなりの放送回数が必要になってくると思われます。

実際本編が始まったこの第2話の時点で、1日目2カップルの数時間分しか放送されていないわけですし。

もちろん今後、編集によってその日にあった出来事というのはギュッと短縮される回も出てくるとは思いますが、この第2話を見てから3泊4日というのはおそらく最適なのでは、と感じています。

ただ、この長さというのはあくまでTVとして最適なのであって、「サバイバルの中で恋愛をする」という目的に対しては、やはり短めという意見に変わりはありません。

という感じで、今回は本編がスタートしてわかったことがありましたので少し雑感を述べてみました。

次回以降も1日目のカップルたちの様子が見られると思いますので、楽しみに放送日を待ちたいと思います。

それではまた次回、第3話のレビューでお会いしましょう!

やすともの恋愛島 第3話ネタバレレビュー!人は見た目じゃわからない?【ABCテレビ】

2019.10.21

恋愛バラエティ番組 全レビュー記事まとめ

▼ガジェット・家電のレビューブログ「ガジェルバ」▼

ABOUTこの記事をかいた人

イツキ

趣味はインテリア(雑誌を見たり雑貨、家具を買ったり)、映画鑑賞、 バラエティ鑑賞(主に恋リア)、酒、投資の勉強、ゲーム、旅行、等々 限りなくインドア派のため、前述の通りインテリアや最新ガジェットが好きなのもあり 自宅がどうすれば過ごしやすくなるか日々考えてばかりいます。 詳しいプロフィールはこちら