ときめきトラベル 第12話 ネタバレレビュー!蝶のように舞い蜂のように刺す【AbemaTV】

今週もAbemaTVで配信された「ときめきトラベル」第12回

前回はレイアの気持ちがダイキに動いたような印象がありました。

相関図もこのような複雑な矢印となっています。

今回は果たしてどの様な展開となり、誰の心が動くのでしょうか。

それでは早速レビューへと参りましょう!

ときめきトラベル 第11話 ネタバレレビュー!異性としてドキドキしない【AbemaTV】

2019.10.15
なお、このレビューは視聴済み前提の完全ネタバレとなるため未視聴の方、ネタバレを嫌う方はここで読むのを中止することをオススメ致します。

ときめきゲスト

今回のときめきゲストは「アレクサンダー」さんでした。

遊び人で有名な彼は、免許の合宿で羽目を外して強制退学になったエピソードを話していました。


6日目夜

7人は乗り合いバスで市街地へとやってきました。

ドライバーさんオススメの安宿へ向かいます。

チェックインし、ホテルの部屋に入ろうとすると中にゴキブリがいることを発見するすぐるとゆうと。

大騒ぎしていると、昆虫食が好きなまいころが「どこにいたの?見たい見たい」と部屋の中を真剣に探し始めます。

ゴキブリは逃げてしまったのか見当たらず、まいころは残念そうな表情をしていました。

その後、7人は夕食をとるためナイトマーケットへ向かいます。

ここで3グループにわかれることに。

するとすぐるが「今日デートしてもいい?」とゆうとを誘います。

「2人だけで!?」と他のメンバーから突っ込まれると「もちろん女性も誘って」と返していました。

グループの分け方は正太郎がじゃんけんを提案。

以下の結果となりました。

  • 正太郎
  • レイア
  • ダイキ
  • まいころ
  • ゆうと
  • すぐる
  • まいぴょん

正太郎 & レイア

2人はナイトマーケットを散策しながら、途中の屋台でガイヤーン(焼き鳥)を買って食べます。

正太郎「てかさ、泳ぐの上手いね」

レイア「本当?」

正太郎「なんかさ、華麗に踊ってたよね」

レイア「自由なのが好きなの」

正太郎「隠してたんだなと思った」

レイア「そうそうそう、泳ぐの好きなの」

レイア「今日めちゃくちゃ楽しかった」

ダイキ & まいころ

ダイキとまいころはラーメン屋台に来ていました。

バミー・ガイというタイ風ラーメンを食べる2人。

味としては「何味なんだろう?」「まぁまぁ、美味しいね」と微妙な評価。

まいころはレバーに似たルアット・ムー(豚の血を固めた煮こごりのようなもの)を食べ、微妙な表情を浮かべながら「こんにゃくみたい」と感想を述べていました。

鶏の手を口に咥えておどける姿が印象的です。

ゆうと & すぐる & まいぴょん

3人はお揃いのTシャツをゲットしてテンションを上げた後、夕食のパッタイを食べることに。

すぐる「今日やっぱりツラかった?電車の中で1人」

ゆうと「電車の中…いやつれぇよ!3時間よ」

まいぴょん「寝てたよね」

ゆうと「寝てた寝てた、もうだってやることなかったもん」

ゆうとそれだけ正太郎ってことだもんね、あのとき」

このゆうとの言葉を受けて、まいぴょんはインタビューで以下のように語ります。

最悪…って思いました」

「すぐるくんがいたのに、なぜかわからないけど一瞬固まって」

「そこではきっと『そんなことないよ』って絶対言うべきだった」

「そこで変な沈黙を置いちゃって、うわぁ私正太郎くんのこと好きだと思われてるんだと思って」

「最悪…って思いました」


ラブミッション「くじで選ばれた男女一組が15分間密室で腕枕する」

夕食を終え、ホテルに集合したメンバーのもとにラブミッションが届きます。

くじ引きで選ばれたのはレイア、そして正太郎でした。

レイア「お疲れさまでした」

正太郎「まさかの2連続、同じペアだもんね」

レイア「本当だよ『何やってんの?』って感じ」

レイア「ラブミッションをやってたじゃない?あの2人置いて早く泳ぎに行きたいと思った」

正太郎「めっちゃわかる、すっげぇ行きたかった」

レイア「明日どこ行くんだろうね」

正太郎「そうね…今まで見たことないようなもの見たいよね」

レイア天空の城、でも山登んないといけないのか、そうなると話が変わってくる」

正太郎「俺、顔見えないのイヤなんだよ。恥ずかしい?」

レイア「ちょっとね」

正太郎「本当?じゃあいいや」

レイア「いいよ、こっちでもいい」

正太郎「天空の城?」

レイア「空の上に雲があるのあるじゃん」

正太郎「あーなるほど」

レイア「見たことある?」

正太郎「話は聞いたことあるし、絵見たことある」

レイア「あれを見てみたい」

レイアを抱き寄せる正太郎。

レイア「何でもできちゃうね」

レイアも正太郎の背中に手を…。

レイア「寝ちゃう…」

正太郎「このまま寝てもいいんだよね、俺は」

正太郎はこのときのことをインタビューで振り返っています。

「すごいキュンキュンしました」

「1回目はレイアも警戒してたというかそれを感じてて」

「腕枕してたら向こう向かれたりとか」

「今回は腕枕しながらちょっと半分抱き合いみたいになってたんで、そこがかなりの違いかな」

「かなりキュンキュンしました、自分の中で」

レイア1本になっちゃうと思う」


ラブタイム

レイア

正太郎

「最後マーケットで一緒にいろいろ食べれて良かった、楽しかった、話もできて」

「その前は大はしゃぎしてる海での姿、すごい楽しそうだったからまたああいう姿も明日も」

「ラブミッションもありがとうね、また明日よろしくお願いします」

ゆうと

「今日あんまり喋れなかったけど、ちゃんと落ち着いた場所で貝殻のピアス似合ってたって伝えたかった」

「また明日からもツラくなると思うけど、頑張って旅を続けましょう」

「お疲れさまでした、頑張りましょう」

すぐる

「メンバーの中で1番レイアが海ではしゃいでた気がする」

「マイペースなレイアを見れてこっちも楽しい気分になった、ありがとう」

「また明日もマイペースなレイアを見せてください」

まいころ

ダイキ

ダイキ「おつかれ、どうだった?今日、楽しかった?」

まいころ「楽しかった」

ダイキ「海行って、電車乗れてよかったよね」

まいころ「ほとんど動いてない」

ダイキ「電車も涼しかったし、今日も頑張って乗り越えられたと思うからあと4日、お互い頑張っていけたらなと思います」

ダイキ明日以降も多分毎日くると思うから」

まいころ「それ先言う?笑」

ダイキ「多分ね、よろしくお願いします」

まいころインタビュー

「ダイキくんにはキュンキュンします」

男の人としてみてる感じがします」

「キュンんキュンしたりするけど安心します、最近」

スタッフ「すぐるが明日来たら?」

「それはそれで嬉しいですよ」

「ちょっとわからないですけど、男性としての魅力はダイキくんの方があるなと思います」

まいぴょんインタビュー

「ホントにもう恥ずかしくてたまらないですけど」

「いつも水着を着る回に誰も来てくれない

「こないだも水着を超自信満々出みせたのに、誰も来ないんかいみたいな」

「けどやっぱ来ても来なくても、結局今1番気になってるのはすぐるくんだなっていうのが明確にわかってきたんで」

すぐるくんにアピール1回もしたことないんですよ、自分から」

「だからそろそろアピールしたいなと思って」

「あと3日ですよね、このままじゃ終われないなって思います」


カルチャーミッション「ラノーンへ行きタイの伝統ムエ・マットマオを体験せよ」

7日目、チュムポーンガーデンホテルを探す7人。

ホテルでラノーン行きのバス停を聞き込みし、向かっていると親切なお母さんが連れて行ってくれました。

無事バスに乗れた7人はラノーンまで向かいます。

車内ではまいぴょんとすぐるが隣同士に。

ゆうとのことをいじりながら楽しそうな様子。

この時のことをまいぴょんはインタビューで

「狙い通りです」

「今までヤキモチっていうか、最初の方は『この2人なんなんだろう?』みたいな」

「イライラしてたんですけど、すぐるくんはわたしと2人きりでいたいという気持ちが見えてくる」

「自信がなかった昨日とは違う感じ、ちょっと取り戻してきました」

と語っています。

そして一行はラノーンに到着。

ムエ・マットマオ」とはタイの国技ムエタイのことでした。

現地で聞き込みをし、マットマオ・ジムに到着します。

ムエタイの特徴でもあるキックのミット打ちをやらせてもらうメンバー。

そしてキックが1番上手かったと言われたゆうとが、今度は受けてみることに。

女性のキックとは言え、本場の蹴りはやはりモノが違います。

ボコボコにされたゆうとでしたが、芸人としては美味しかったですね。

ミッションクリアし、第12回は終了となりました。


ときめきトラベル 第12回 総評

以上が、「ときめきトラベル」第12回のレビューとなります。

最近では正太郎の動きがあまり見られませんでしたが、やはり変わらずレイアが好きということで腕枕ラブミッションを通して、その気持ちをより高めていた印象です。

ただ相手であるレイアの気持ちが誰を向いているのか、現状ではイマイチわかりにくいところ。

以前気になっているといっていたダイキとの絡みは今回なかったので、次回以降の展開が楽しみです。

そしてまいぴょん。

今回のラブタイムでも誰からも選ばれないという結果になりました。

最近ではすぐるくんが気になる、と言い出していますがやはり序盤の「みんなに好かれたい」という発言、からのにじみ出る雰囲気というのが尾を引いている気がします。

ラブアース時代のシーズン4、ましろんの再来ですね。

彼女も同じことを言って、結局誰からも選ばれなかった女性ですのでほぼデジャブに近い感覚です。

もう旅も6日目ですので、ここから頑張っても誰かとカップルになれるのは難しいんじゃないかなぁと感じています。

まいころはどんどんとダイキに気持ちが向きつつありますね。

今回ハッキリと「男性として魅力があるのはダイキ」と言っていました。

ただ相手のダイキはまいころのワイルドなところ(虫が好きだったり、鶏の手を平気で食べたり」に若干引き気味なので、それが今後どうなるかというところ。

まだ昆虫食が好きだということも伝えていませんしね。

今後の展開の見どころの1つになってきそうです。

それではそろそろこの辺りでレビューを終わりたいと思います。

また次回、第13回のレビューでお会いしましょう!

ときめきトラベル 第13話 ネタバレレビュー!アウトオブ眼中に気づかない男【AbemaTV】

2019.10.29

恋愛バラエティ番組 全レビュー記事まとめ

Amazonでお得に買い物しよう

Amazonでよくお買い物する方にはAmazonギフト券のチャージがおすすめ!

現金でチャージすれば、最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員なら、積極的に使いましょう!

♪ お得にポイントゲットして買い物をもっと楽しもう ♪

ABOUTこの記事をかいた人

イツキ

趣味はインテリア(雑誌を見たり雑貨、家具を買ったり)、映画鑑賞、 バラエティ鑑賞(主に恋リア)、酒、投資の勉強、ゲーム、旅行、等々 限りなくインドア派のため、前述の通りインテリアや最新ガジェットが好きなのもあり 自宅がどうすれば過ごしやすくなるか日々考えてばかりいます。 詳しいプロフィールはこちら