旅の醍醐味はやっぱりこれ!ご当地のビールやワインを楽しもう【リゾナーレ八ヶ岳】

2019年7月に私の夏季休暇を利用して訪れた星野リゾート「リゾナーレ八ヶ岳

ここでは数々のグルメやアクティビティ、室内プールもあるので大人も子どもも楽しめます。

ですが!

私と言ったらこれ!!

お酒」も欠かすわけには参りません!

特に山梨は「ワイン」が有名ですし、このリゾナーレ八ヶ岳には「ワインハウス」があるくらい推しているコンテンツ

またワイン以外にご当地ビールも楽しみましたので、今回はリゾナーレ八ヶ岳の「お酒」に関する情報を紹介をしていきたいと思います。

イツキ
旅行ならではのご当地ワインやビールを楽しもうじゃありませんか~。
こんな人にオススメの記事です
  • リゾナーレ八ヶ岳に宿泊する予定がある
  • お酒が大好きだ
  • ワインが大好きだ
  • ビールが大好きだ
  • 「VINO BOX」が気になる

家族4人の子連れで楽しんだ 星野リゾート「リゾナーレ八ヶ岳」をレビューします!【山梨】

2019.08.02

グラス

壁付け棚にグラス

私たちが宿泊したのはホテル棟の「スーペリア」というお部屋。

部屋には壁付けの棚に、ワイン(お酒)を楽しむ用のオシャレなグラスが4つ備え付けられていました。

宿泊した部屋「スーペリア」の詳細については別記事にてレビューしていますので、あわせてご覧ください。

ホテル棟「スーペリア」で2泊3日!最高にリラックスできるお部屋をレビューします【リゾナーレ八ヶ岳】

2019.07.28
チューリップ型のグラス

こちらがそのグラスです。

文字などの手がかりがないので調べられず、どのメーカーのどのグラスかというのがわからないのですが非常に美しいですよね。

ワイングラスのちょうどチューリップの部分だけを切り取ったようなグラスです。

飲み口付近が外に向かって反っているのが、個人的には好きなポイント。

部屋飲みでは、ワインもビールもこのグラスを使いました。

飲みやすく、ワイングラスのようにお酒の香りを楽しむことができました。

通常のワイングラスは足があり、高さもあるので扱いがどうしても慎重になりますが、このグラスはコップとワイングラスのいいとこ取りをしています。

ワイングラスメーカーと言えばここ!

リーデル」の「ビッグ・オー ピノ・ノワール」というグラスが近そうです。

キンキンに冷えたビールをワイングラスでもっと美味しく飲んでみよう!

2019.06.09

信州ナチュラルビール

ホテルショップに並ぶ信州ナチュラルビール

まずは「信州ナチュラルビール」から。

このビールは施設内の売店「ホテルショップ」に売られています。

これ以外にも数多くのクラフトビールがありましたので、宿泊や遊びに行った際はぜひ覗いてみてください。

ジビエ、海鮮、ハム・ソーセージ!ピーマン通りの種類豊富な絶品グルメを紹介します【リゾナーレ八ヶ岳】

2019.07.29
信州ナチュラルビール3種

信州ナチュラルビールは、ヤッホー・ブルーイングが製造するビールです。
信州ナチュラルビールの缶に描かれているのは、ミズナラの葉です。 ミズナラは、豊かな森の象徴です。秋に実るドングリは、クマ・リス・ムササビなどの餌となり動物の生活を支えます。 落ち葉は、降り注ぐ雨を山に蓄え天然のダムとして水を少しづつ地下へ川へと供給し、 その後腐敗して昆虫などの小さな生物の住処となります。

出典:信州ナチュラルビール

今回は売られていた3種類のビールを全て買ってみました。

左から「PORTER」「BLOND ALE」「Belgian White」になります。

さっそく個別の紹介と、味のレビューに参りましょう!

信州ナチュラルビール「PORTER」

信州ナチュラルビール PORTER
製造:ヤッホーブルーイング
産地:長野県軽井沢町
アルコール度数:5%
内容量:350ml

まずはオレンジ色の缶、「PORTER」から。

見た目から想像できるように、注いでみると真っ黒の黒ビールでした。

匂い同様、味も香ばしく、コクがあります。

ただ黒ビール特有の「クセ」みたいなものはあまり感じませんでした。

正直個人的には黒ビールはあまり得意ではないのですが、この「PORTER」はあっさりして上品な仕上がりでしたのでサラッと飲めてしまいました。

飲んでいくと甘みを感じることが多くなり、バナナのような風味があることに気づきました。

私と同じように黒ビールに多少苦手意識がある方に、ぜひ飲んでみてもらいたいビールです。

信州ナチュラルビール「BLOND ALE」

信州ナチュラルビール BLOND ALE
製造:ヤッホーブルーイング
産地:長野県軽井沢町
アルコール度数:5%
内容量:350ml

続いては黄色の缶、「BLOND ALE」。

3種の中では最も「ノーマル」という位置づけでしょうか。

口に含むとまずフルーティな香りが広がります。

ですが味はすごく甘いというわけではなく、どちらかというと淡麗であっさり

しかし辛口ではありません。

例えるなら「エビスビール」のコク、「アサヒスーパードライ」の爽快さを足して2で割ったような感じです。

イツキ
わかりづらくてすみません笑。

非常に飲みやすく、オーソドックスな「クラフトビール」だと思います。

信州ナチュラルビール「Belgian White」

信州ナチュラルビール Belgian White
製造:ヤッホーブルーイング
産地:長野県軽井沢町
アルコール度数:5%
内容量:350ml

最後は淡い水色の缶、「Belgian White」です。

缶の色は薄いですが、ビール自体の色は薄いというわけではありません。

まず飲んだときに感じるのが「乳酸菌飲料」のようなほのかな酸味

そして鼻に抜ける香りが芳醇で最高です。

特に喉が乾いているときに飲めば、その味わいが倍増されるでしょう。

全体的に華やかな印象を受けました。

イツキ
3種類飲んだ中で私が一番好きだったのはこの「Belgian White」でした。

八ヶ岳ワインハウス

八ヶ岳ワインハウス
八ヶ岳ワインハウス
ジャンル:ワインバー
予約・お問い合わせ:0570-073-055
住所:山梨県北杜市小淵沢町129-1 星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳
交通手段:小淵沢駅から1,123m
営業時間:9:00~22:00(L.O.21:30)

冒頭でも述べたとおり、リゾナーレ八ヶ岳にはワインハウスがあります。

八ヶ岳ワインハウス 地図

場所はアルプス広場、ホテル棟の1階です。

本とお茶が楽しめる「ブックス&カフェ」に併設されているような形になっています。

店内は黒を貴重とし、シックで高級感のあるインテリアでまとめられています。

その中に無数のワインが並べられていて、大人の雰囲気が漂いカッコいい。

ここではお店の奥にある「ワインサーバー」から自分の好きなワインを選んで飲むことができます。

ワインの銘柄表

私も部屋でワインを飲もうとレジで注文すると、専用のカードとメニューを渡されました。

このカードを先ほどのサーバーに入れた後、好きなワインの銘柄と買う量をそれぞれ選び、グラスまたはボトルに注ぎます。

部屋で飲む場合は「VINO BOX」用の別売りのボトル(100円)を買う必要があります。

私は赤ワイン白ワインをそれぞれ1つずつ買いました。

選んだ銘柄

こちらが購入した赤ワイン

ガラスケース越しなので、少し見えづらいかもしれませんが「信州たかやまワイナリー メルロー&カベルネ 2017」です。

VINO BOX

こちらが「VINO BOX」。

木製の箱の中にワインが入ったボトルを入れて、ワインハウスから部屋まで持ち帰ります。

イツキ
使った「VINO BOX」は自分たちでワインハウスに返却する必要はありません。部屋においたままで大丈夫です。

中身はこんな感じ。

普通のガラス製のボトルではありますが、シンプルで余計な飾りがないのでワインを入れるだけでオシャレです。

ナメコ
赤ワインは醤油みたいね。
イツキ
ホントだ笑。このボトルは買い取ったものだから、持ち帰って家で使おう♪

白ワイン「アルガブランカ クラレーザ」

アルガブランカ クラレーザ
ブランド:勝沼醸造
葡萄品種:山梨県勝沼町産「甲州」
アルコール度数:12.5%

というわけで、さっそくワインのレビューです。

まずは白ワイン、勝沼醸造の「アルガブランカ クラレーザ」。

山梨県勝沼町の葡萄「甲州を使ったご当地ワインです。

飲んだ感想として、まず酸味が強く爽やかでした。

飲みやすく上品な味わい。

ブドウ本来のフルーツ感もあり、グラスも効果もあってか飲む度にワインのいい香りが鼻をくすぐります。

イツキ
ワインはあまり飲み慣れていないもので…コメントが薄くてすみません笑。

赤ワイン「メルロー&カベルネ 2017」

メルロー&カベルネ 2017
ブランド:信州たかやまワイナリー
葡萄品種:長野県高山村「カベルネ、メルロー」
アルコール度数:12%

そして赤ワイン、信州たかやまワイナリーの「メルロー&カベルネ 2017」。

こちらも長野県高山村の葡萄「カベルネ」と「メルロー」を使ったご当地ワインです。

赤ワイン独特の渋み、そして発酵の香りを強く感じました。

ですが重すぎず、さっぱり飲める印象です。

イツキ
白ワインと赤ワイン、それぞれの違いと良さがあり「信州の味」を堪能させていただきました!

かかった金額

ワインハウス」でかかった金額は以下になります。

(ビールについては先ほど紹介した別記事「ホテルショップ」で記載しています)

ワインハウスでかかった金額
  • テイクアウト専用ボトル×2:200円
  • 白ワイン「アルガブランカ クラレーザ」:750円
  • 赤ワイン「メルロー&カベルネ 2017」:1,040円

計:1,990円


リゾナーレ八ヶ岳でクラフトビールやご当地の美味しいワインを楽しもう!

この記事では私がリゾナーレ八ヶ岳で実際に飲んだ「クラフトビール」「赤・白ワイン」の情報を中心にレビューしてきました。

今や日本中、世界中のお酒を飲めるようになった時代ですが、現地でご当地のお酒を飲む、ということはやはり価値があると思います。

今回紹介したものはビールもワインもほんの一部に過ぎませんので、ぜひショップやワインハウスに訪れて気になるもの、好きなものを選んでみてはいかがでしょうか。

また私はしませんでしたが、リゾナーレ八ヶ岳では「BYO(Bring Your Own)自由化宣言」というのを掲げており、ワインハウスで購入したワインを敷地内の他の飲食店で飲むことができるようになっています。

イツキ
食事に合わせてワインを選ぶ、という通な楽しみ方もできるということですね。

この記事がどなたかの参考になれば幸いです!

ABOUTこの記事をかいた人

イツキ

趣味はインテリア(雑誌を見たり雑貨、家具を買ったり)、映画鑑賞、 バラエティ鑑賞(主に恋リア)、酒、投資の勉強、ゲーム、旅行、等々 限りなくインドア派のため、前述の通りインテリアや最新ガジェットが好きなのもあり 自宅がどうすれば過ごしやすくなるか日々考えてばかりいます。 詳しいプロフィールはこちら